血統書(血統証明書)について

血統書(血統証明書)とは、その犬の出生を示した書類で、犬種を証明するものになります。

血統書はだれでも発行できるものではないです。だれかれ構わず発行できたら、収集がつかなくなりますからね。

人気の犬種には高いお金を支払う人も多いです。血統書がしっかりしていないと困ります。その金額の根拠となる犬種を示す大事な書類ですから。

血統証明書は、日本では社団法人ジャパンケネルクラブが管理しています。血統登録された、同一犬種の父母によって生まれた子犬に対して発行されます。

人間の戸籍みたいに、どの母犬と、どの父犬から生まれましたというようなことが書かれています。


災害救助犬
災害救助犬といえば、1995年の阪神大震災で活躍した姿が印象的かもしれません。瓦礫に埋もれる行方不明者を探したりする非常に重要で、危険も伴う任務を行う犬です。大事な場面で有効な働きをするためには普段からの訓練も大切です。日本初の民間救助犬協会としてNPO法人の全国災害救助犬協会があります。

タレント犬
タレント犬やモデル犬などと呼ばれるテレビのCMやドラマ、バラエティなどで活躍する犬もいます。テレビにでることでその犬種が急に人気が出ることもあります。多くの人のワンちゃん選びにきっと影響を与える犬たちですね。テレビに映るワンちゃんたちの最高のシーンに心動かされない人はいないですよね。

犬の寿命
犬は人間より早く年をとり、その寿命は10年~15年といわれています。ギネスブックに載るような長寿の犬では20年を超える場合もあるようですが、10年を超えるともう高齢(老犬)です。注意してあげたいですね。ところで、犬の数世代分を生きる人間を、犬はどう感じているのでしょうね。

犬と安産
犬は安産の象徴的な存在ですね。妊婦さんが戌の日に安産祈願に行ったり、妊婦帯を使い始めたりと犬の安産にあやかるための方法が良く知られています。ところで、犬の妊娠期間は2ヶ月前後で一回で3~12匹程度生まれます。ちなみに犬は1年程度で大人になります。ペットで犬を飼っている場合は注意が必要ですね。仔犬がいっぱいできても、貰い手探しで大変なことになりかねないです。

盲導犬
盲導犬は視覚障害者の方の目となり誘導する犬で、すごく重要な役割を担っています。だからこそ盲導犬になるためにはあらゆる訓練を受けています。ちなみに犬種としてはラブラドール・レトリバーや、ゴールデン・レトリバー、ラブとゴールデンの雑種が多く活躍しているようです。

Copyright © 2007 初めてのワンちゃん(犬)は出生を知ろう~見た目に気づきにくい問題点~. All rights reserved