ウチのボルゾイ
散歩で引っ張らなくなり、私に歩みを合わせるの!
ますます かわいく 散歩も楽しくなりました。

どうして問題行動?うちのボルゾイ

なぜ、あなたのボルゾイが問題行動をするのか? その原因って何だと思いますか?

実は、愛犬の不安やストレスが原因かも。

そしてその不安やストレスは、あなたと愛犬の、思いのすれ違いが起こしてるとしたら・・・

愛犬にとっては、飼い主さんやその家族がすべてです。 飼い主さんとの信頼関係(主従関係)が心の安定にすごく重要です。

「主従関係」って、服従的な感じでいい印象じゃないかも。 でもね。ワンちゃんにとっては、すごく大事なこと。 適切な主従関係で、あなたのボルゾイは無用な不安から解放され、心にも安らぎが。

人間と違って、犬社会は主従関係の世界。 ワンちゃんにはリーダーが必要です

飼い主さんがリーダーとして認められてないと、ワンちゃんのやりたい放題が始まります。 そこが問題行動の始まり。ですね。

ちなみに、食べ物をあげたり、お世話をしたからといって、ワンちゃんが恩義を感じて、あなたをリーダーと思うわけではないんです。

主従関係(信頼関係)であなたのボルゾイは変わります。 リーダー(あなた)の存在が愛犬を安心させ、一々周りの状況にピリピリする必要がなくなります。 無駄に怯えたり、吠えたてる必要も無くなります。 これって愛犬にとって、すごく幸せなこと。 きっと、あなたが呼べば、スグとんで来て、つぶらな瞳で見つめることでしょう。 そんな愛犬なら、あなたが嫌がる問題行動を繰り返すはずないですよね。

あなたのボルゾイのしつけは、主従関係(信頼関係)づくりが大切。 だからこそあなた自身でしつけすることにも大きな意味がありますね。

大事な事がもう一つ。 それは、あなたの意思を、誤解なく愛犬に伝える難しさ。

ワンちゃんって、飼い主さんの期待とかなり違った解釈をすることも。

例えばね。ワンちゃんが遊んで欲しそうに吠えたとき。 「うるさいのは困るし」「放っておくのもかわいそう」「遊んであげるのもスキンシップね」とかまってあげると思います。 でもね。そんなことが続くと、「吠えれば遊んでくれる」「吠えれば要求が通る」と勘違いしだすことも。

知ってさえいれば注意できるのに、気がつかないばかりに、愛犬の問題行動をますます加速させてることも。

こうしよう!ボルゾイのしつけ

あなたのボルゾイとの信頼関係(主従関係)をどうやって形にするか? 正しいしつけはどうするか?

愛犬の問題行動にものすごく悩んでいた飼い主さんたちから支持されてる「犬のしつけ法」があります。

それもそのはず。訓練頭数2000頭以上のプロのドッグトレーナーが、一般の飼い主さんのために解説した「犬のしつけ法」です。

このトレーナー、実は犬のしつけで2回連続でTVチャンピオンになっており、雑誌やほかのテレビでも活躍しているので、チョットした有名人です。 その名も、遠藤和博トレーナーです。

この「犬のしつけ法」、利用者にすごく喜ばれてます。女性の方もかなり多いです。 犬を初めて飼った人も、暴犬に手を焼いていた人にも、すごく喜ばれてます。 愛犬のしつけや訓練自体が楽しいという声も。 公式サイトのほうには、20代~50代のさまざまな飼い主さんの悩みと喜びの声を見ることができます。 真剣に悩んでいた人の体験談なので、見るだけでも元気がもらえます。



↑ クリック! ↑
真剣に悩んでた飼い主さんたちの「喜びの声」が印象的


あなたにとって愛犬は生活の一部でも、 愛犬にとっては あなたが全てです。 ボルゾイの人生は10年~15年。 しつけのことで悩んでるなんて、時間がもったいないですよね。 しつけで、あなたも 愛犬も もっと幸せになれるはず。


ワンコまめ知識

女性だとワンちゃんのしつけは不利?そんなことないです。腕力だけで従えるわけではないですかね。とはいえ、同じ女性にも喜ばれてるしつけ方法なら、もっと安心して取組めそうですね。ここで紹介した犬のしつけDVDは多くの女性の飼い主さんに喜ばれてる「しつけ」です。

愛犬と体罰
愛犬のしつけに体罰は必要ではないです。昔は、叩いたりしてしつけるという人が結構いたと思いますが、正しい方法で信頼関係をつくってしっかりしつけすれば、体罰は必要ないんだそうです。体罰で従わせた場合、見た目はいいようでも、もしかしたらひずみが生まれるかも。体罰なしでお利口さんにしてあげたいですね。

良くある勘違い
飼い主さんの良くある勘違いが、愛犬の問題行動の原因になっている事があります。例えば「ほめること」。ほめることは非常に大事なことですが、実はタイミングも非常に大事。ほめてはいけないところで「ほめる」と愛犬が飼い主さんを下に見てしまうことも。ただの勘違いが問題行動の原因というのもすごく残念な話ですね。

ペットのしつけ
愛犬のしつけにはペットとして相応しいしつけがあります。芸をさせたり、特殊な作業をさせたりするわけではないですので、そういう訓練をマネても意味がないですね。家族の一員としても問題行動を起こすことなく、幸せに生活するためのしつけです。ですので、家族や飼い主さんの手でしつけてあげるのが一番ですね。

愛犬とカフェ
近頃愛犬を連れて出入りできるお店が増えました。とはいえ、しつけができてないと連れて行くわけにはいきませんね。トラブルを起こすわけにはいきませんから。しつけさえしっかりすれば、行動範囲はかなり広がります。外でも愛犬と一緒にもっと楽しめるはず。散歩だけが愛犬との外出ではないですね。

犬の種類
犬の種類は他の生物に比べてもビックリするほど多いですし、差も大きいです。セントバーナードのような超大型犬も、チワワのような小型犬も、同じ犬です。犬って身近すぎて、逆に考える機会が少ないかもしれませんが、考えてみると不思議なこともいっぱいあります。

ボルゾイ犬服・犬小屋・首輪のこと。

女性のほうが子育て経験などで案外ワンコのしつけについても上手かも。 大事なのはポイントを間違えないこと。 身の回りのお世話をするにしても、しつけができてると、楽ですし、もっと楽しいはず。



↑↑ クリック ↑↑

ボルゾイは大型犬の犬種。あなたの想像と比べてどうでしたか?よくにいわれてる特長を挙げると例えば・・・ボルゾイは基本的に従順なワンちゃんです。初めて犬を飼う人には、難しいワンちゃんかもしれません。集合住宅にも適合しやすいかも。留守番はがんばってくれるでしょう。

ワンちゃんの性格は犬種ごとに言われてることもありますが案外あてになりません。 なぜなら親犬の気性や生後の環境などにも影響されてしまうため、個体差が大きいのです。ちなみにあなたのボルゾイは、よく言われてるような性格でしょうか? 違っていても、それは個性ですね。

ポイントは、あなたのボルゾイを理解してあげることですね。


↑↑ クリック ↑↑

ワンちゃん・ペットのお役立ちサイト

| (社)日本愛玩動物協会(社)日本獣医師会(社)ジャパンケネルクラブ・・JKC(社)日本動物福祉協会・・JAWS

大型犬

|
| 犬の出生犬のしつけ

お問い合わせ

お問合せ先はこちら

Copyright © 2007-2011 女性にも喜ばれてる愛犬のしつけ方 愛犬の悩み解消. All rights reserved